~Saya suka ふれぶる~

いお こころ みらい と暮らす日常(過去・現在)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

診療費100%補償

動物保健は、加入したりしなかったり。
何年か継続して加入する時もあれば、
前と違う保険の時もあったり、まちまちです。


こころは今年、ペットメディカルサポートさんの
「診療費100%補償コース」を選びました。
ただ、通院等に関して、金額・回数の上限があったり、
保険適用にならないケース等もありますけど、
1度試してみたかったので、加入しました。

コースの詳細
120520-1.jpg


以前、アニコムさん(50%補償コース)に加入していた時もあります。
当時は、かかりつけが対応病院だったので、
会計時その場で半額。
薬はもちろん、再診料も適用になっていたので、
便利だなぁ~って思いました。

当時の明細はこんな感じ。
120520-2.jpg


今月、こころが耳血腫で3日通院したので、
今年初めての保険金請求です。


【請求方法】
・保険金請求書(飼い主記入)…1枚
・診療料金明細書(病院発行)…3日分

120520-3.jpg


【診療明細】
5/9
診察料
吸引生検(FNA・液体)
液体吸引処置
包帯装着・交換
処方料(受診)
内服薬

5/12
再診料
包帯装着・交換
処方料(受診)
内服薬

5/19
再診料
処方料(受診)
内服薬


通院1日当たりの上限は超えていないので、
予想だと、全費用保険適用され、
実費100%の補償になると思うんですが。


5/9 腫れた部分から抜いた血は、約4mlでした。
120520-4.jpg


5/19 ほぼ大丈夫そうという事でテーピングは不要、薬も徐々に止める方向へ。
120520-5.jpg

また血がたまるようなら、再度抜くか、
別の方法も考えないとダメかもですが、
とりあえず、一安心です♪

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

正直な獣医師さん

約10年間で、利用した動物病院は4つあります。
2度と行かないつもりが1つ。
距離が遠くて利用しなくなったのが1つ。
年1回行くか行かないかが1つ。
現在のかかりつけが1つ。
(行ってみたいと思っているのが2つ)
という感じです。


その間、いろんな獣医師さんにお会いしました。
こちらが質問しないと余り話さない方とか、
逆に、なんでもざっくばらんに話をしてくれる方とか。
どの獣医師さんでも、教えて頂いた情報はとても貴重です。
でもときどき、「んっ?話して平気なのかなぁ~」
って内容の時も。


例えば、
「うちはワクチンが安いので、5種でも8種でも儲けが少ないんです」とか、
「この塗り薬やサプリはネットで買えるし、病院より安いですよ」など。


私の経験ですけど、利用した病院が4つでも、
ワクチンの値段はまちまちだなぁ~って感じました。
実際、1番高い病院と、1番安い病院の値段の差は、
"約2倍”です。


あと、薬やサプリじゃないですが、療養食の値段。
いおが尿道結石後に食べてたphコントロール、
当時ネットで売ってるなんて知らなかったので、
数ヶ月間、病院で購入してました。
今は、療養食から薬用シャンプーまで、
いろいろ売っているので、便利だな~って思います。


いおのサプリもほとんどネットだったよねっ♪
120517-1.jpg

web拍手 by FC2

夢と痙攣

ぶひ達が寝ている時におこる、手足のピクピク(痙攣)。
床のカタカタ音がするぐらい激しいこともあったり、
最初に見た時は、ほんとびっくりでした!


でも、でも、心配して起こしてみると、
「ん?な~に?」て顔してるんですから。
あっ夢なのね、って分かりました。


どれぐらいの頻度かな~って考えてみると、
こころは、月1~2回ぐらいかなって気がします。
記録してた訳ではないので、正確ではないです。


時間が経てば止まるので、そのまま放置もアリなんですが、
それは出来ず、
「怖い夢を見てるかもしれない」と思って、
いつも体を撫でたり、さすったり。
実際、これで起こしちゃったりもするので、
睡眠を邪魔され、不満そうな顔されます。


ちょっと前だと↓
120516-1.jpg

最近だと↓
120516-2.jpg

web拍手 by FC2

ぶひ vs 薬

どのご家庭でも、薬を飲ませるコツをお持ちだと思います。
例えば、
・サツマイモやお肉などの好物で包む
・オブラートで包む
・口を開かせ薬を奥に入れる(+お水注入)

120513-1.jpg


現在、こころは薬服用中ですが、
ごはんにプラスするだけでOK!
錠剤、粉薬どちらも、ノープロブレムな女の子です。


しか~し、中には当然、薬嫌いな子もいます。
わが家では、いおがそうでした。


錠剤をごはんに混ぜても、錠剤だけ残すので、
サツマイモに包んであげてました。
でも、この方法も時々効かなくなります。
器用に、錠剤だけ「ぺっ」するんです。

120513-2.jpg


粉薬だとごはんの食い付きが落ちる、
錠剤が絶対ダメっていうわけではない、
という理由から、処方は出来るだけ錠剤を選択してました。
何度か試してようやく飲ませたことも多く、
ただ、錠剤を1度吐き出すと、少し溶けてしまってたりするので、
ちょっと困りました。


その他は?といえば、
オブラートもイマイチ効果なし。
口に入れてお水注入は、飲み込むまで結構我慢するので、
見てると可愛そうで、止めました。

120513-3.jpg


さあ、どうしよう。
無理なく飲ませられる方法ってあるのかな?
そこで病院から教えてもらったのが、水に溶かす作戦。


まず、すり鉢を使って、錠剤→粉薬にします。
(粉薬の選択が出来れば、スキップ)

120513-4.jpg


粉薬を水で溶かし、注射器(病院でもらったもの)又はスポイトで吸引。

120513-5.jpg

120513-6.jpg


そして、口横からゆっくり注入。
この方法がいおには抵抗なかったようで、
あっさり、飲んでくれました。



注射器
メリット …大きさが何種類かあり、1回でほぼ飲ませられる。
デメリット…溶け難い薬の場合、先端に詰まったり、残ってしまう時がある。

スポイト
メリット …溶け難くても残さず吸引し、飲ませられる。
デメリット…1回の分量が1mlちょっとなので、何回かに分けないとダメ。

web拍手 by FC2

6年前と今日

今日はみらいが散歩デビュー!!!

予想通り、なかなか歩きませ~ん。
よく見ると、顔のしわがどんどん増え、
まるで『おっさん顔』。
あんまり言うと、ほんとにそうなっちゃいそうで怖いので、
ほどほどにっ♪


こころは、左耳にテーピングを巻いてるので、
『アイスの棒』みたい♪
途中、おばちゃんに「骨折したの?」って聞かれたので、
「いえ、耳血腫になってしまって。。。」と言ったけど、
いまいち伝わってない様子。
「耳がギョウザみたいに腫れちゃって」って言うと、
ちゃんと伝わった(笑)


主役2ぶひの2ショット
120512-1.jpg


ちょっと前まで、家の中を走り回っていたのが嘘みたいな
甘えっぷり。。。
120512-2.jpg


地面に下ろすと、すぐこんな感じ。
120512-3.jpg


しばらくすると、すこ~し歩き出しました。
120512-4.jpg


↑上の写真とだいたい同じ場所。
約6年前、こころの散歩デビューの時です。
120512-5.jpg


まだちっちゃい♪
120512-6.jpg

web拍手 by FC2

マナー美人

マナーの良い飼い主といえば、
「他の人に迷惑を掛けないこと」は良く耳にします。
もう1歩進んで、「相手の事を考える思いやり」、
そうなると結構難しい気がします。
実践している飼い主さんは、本当に素敵です♪


一昨日、こころと病院に行ったとき、
マナー美人だな~と感じる方にお会いしました。
(念の為言いますが、お顔は一切関係ないです)


その方は、大型犬の飼い主さんなんですが、
待合室に小さなワンちゃんが居るときは、
受付横や入り口近辺など、離れた場所で待機します。
大型犬だと吠えてしまう小さなワンちゃんがいるかもしれない?
と考えての行動だそうです。


「そこまでしなくても。。。」と思う方が居るかもしれませんが、
その心遣いが素晴らしいな~と私は感じ、
マナー美人と呼んでます(*^.^*)
そういう飼い主さんのワンちゃんは、ほぼ100%無駄吠えしない、
「伏せor待て」の状態でじっと待っている。
という経験が多いです。


私が行っていることは、
待合室のソファにぶひ達を乗せる時は、
必ず下にラグか毛布を敷くことぐらいです。
じっとしているように見えても、やっぱり毛は抜けるし、
お水あげてるときに、口元から下に落ちたりもするので。
でも、これから暑くなってきたら、
ほぼ、お決まりの床にドテ~っと寝る態勢ですねっ♪

web拍手 by FC2

耳血腫のこと

昨夜、こころと遊んでいたら、
あれっ???左耳の腫れに気付きました。


120509-01.jpg

120509-02.jpg


朝の体チェックの時、腫れはまだ無かったです。
夜ごはんの時も特に耳を掻く姿は見なかったので、
正直、いつ腫れたかが分かりません。
もしかして、みらいがゴリッと噛んだ?
腫れた部分は少し熱かったので、
保冷剤で冷やしてました。


今日、病院へ。
診断結果「耳血腫」


外耳炎や外傷(ぶつけたり)が原因という場合が多いみたいですが、
こころは外耳炎ではない&耳が余り汚れない、ので
外傷の可能性が高いということでした。
免疫疾患によるのでは?という心配もあったのですが、
今の状態(平熱。食欲&元気◎。下痢・嘔吐なし。)で断定出来るはずもなく、
仮に免疫疾患が関係しているなら、
他にも何か症状が出ている可能性が高いということでした。


この病気、何もしないで自然と治るワンちゃんもいるようなので、
しばらく様子見も考えましたが、
こころの場合、腫れた部分を押すと明らかに痛がっていたので、
治療を行う選択をしました。


治療は、まず血を抜くことから。
抜いた血は、やや薄かったです。
良く見る赤黒い色ではなく、血を水で薄めた感じの色。


次に、薬の種類等を決めるため、抜いた血をチェック。
その結果、薬はステロイドのみと決まり、
血液が薄い原因も分かりました。


獣医師の説明
「炎症初期の場合、血液中には好中球が多い。
 しかし、こころの血液にはマクロファージ(単球)が出ている。
 これは、赤血球貪食&体細胞免疫の働きを持つ。
 それで血液が薄い。
 要は、マクロファージが赤血球を食べちゃうから血が薄い、
 炎症が耳全体に広がる可能性は低い(再発の可能性はありですが)」
という感じの説明だったと思います。


抜いた後は、こころに1番負担の掛からないようにと、
耳にコットンを当て、その上からテーピングで固定する方法を選択。
頭を振っても簡単には外れません。
ただ、かなり目立つ気が。。。^^;


120509-03.jpg

120509-04.jpg


週末、再度病院に行き、
血液がたまっているかどうかを調べる予定です。


いおが亡くなってから、こころの通院回数が増えました。
こころに降りかかる悪いものを、いおが全部引き受けてくれてたのかな?
今は、そんな気がしてます。

120509-05.jpg

web拍手 by FC2

悩んだ理由

みらいのワクチンは、
色々調べた結果&獣医師の話を参考に、
こころと同じ5種を接種しました。
異なるのは、次回13か月後に接種したあと、
3年ごとになる点です。

120506-01.jpg


悩んだ理由
→「犬レプトスピラワクチン」をするかしないか
ただ、このワクチン、
・副作用の出る可能性がある
・効果を継続させるには、毎年のワクチン接種が必要
・8種や9種のワクチンでも予防できない犬レプトスピラの種類がある
と言われているので、悩まれた方もいらっしゃると思います。


何種?何年おき?というのは、
居住区や行動範囲によって変わると思うので、
答えは色々だと思います。


わが家の場合、5種で全く心配無いわけではありません。
ただ、
・犬レプトスピラの症状を獣医師に確認
・居住区周辺で発生した場合には、獣医師から連絡をもらう
など、
感染前、感染後のどちらでも早めの対応が出来る様、
準備だけはしています。



◆関連記事
1回目ワクチン
web拍手 by FC2

ぶつぶつ=毛包炎

4/29頃に発見した、みらいのほほの赤いぶつぶつ。
GW中、だんだん治ってきてるかな~という感じでした。
ところが、昨日、今度は頭の上に同じようなぶつぶつ。

120505-001.jpg


こころが頭を噛んだ?というのは考え難い。
家の中を走り回ってる時、ぶつかったりはするけど。
原因は???


病院で診てもらいました。

120505-002.jpg


診断結果「毛包炎」


原因はいくつかあるようですが、
治療は、薬用シャンプー&抗生物質(ひどい場合ステロイド)
が多いそうです。


みらいの場合、
「まだ小さいので、余り薬は飲ませたくない」
「ほほのぶつぶつは治りかけている」
「体にぶつぶつは無い」
ことから、薬用シャンプーで経過観察になりました。


あ~~~
少し前にシャンプー選びをしてたのに、
結局、ノルバサンからスタートです。



◆関連記事
良いこと悪いこと
web拍手 by FC2

体温の危険レベル

人間と同じ様に、ぶひ達の平熱の値によって、
体温の危険レベルは異なるかと思います。


わが家の場合、平熱が38℃前後なので、
どれぐらいが危ないか(病院への連絡の目安)?と聞かれれば、
上は39℃台
下は36℃台
平熱から1℃以上離れた時と答えます。
(0.5℃以上でもかなり心配。)


実際、いおの闘病中、
朝ごはんを食べない時があり、どうしたかな~と思い、
体温を測ったら、39℃前半だった経験があります。


その時は、すぐに、保冷剤を取り出し、
四肢の付け根、首、のどを冷やしました。


大きさは数種類、交換用も考えて20個程常備しています。
120503-1.jpg


のどや首は固定できるよう、布に巻いて使用。
120503-2.jpg


ハァハァという呼吸は大きかったけれど、
水を余り飲みたがらなかったので、
注射器(シリンジ)で飲ませたりもしました。
しかし、体温は下がらず、
1時間後更に上がったので、病院へ。


リンパ腫の治療中だったこともあり、
免疫力低下による細菌感染との診断でした。
病院で熱を下げる注射をしたけれど、
平熱に戻るまで半日以上かかりました。


いおの例は、ちょっと稀なケースかもしれませんが、
検温の習慣が早めの対応につながったかな、と
今はそう考えてます。

web拍手 by FC2

日々のケア~検温~

わが家は元々、毎日検温していたわけではありません。
一応、救急箱に入っている程度でした。
こころの妊娠後、定期的に測るようになり、
いおの闘病後、毎日測るようになりました。


体温が低過ぎて(36℃台)病院に行った経験は、ほぼありません。
うんちに当たって、平熱より0.3~0.5℃ぐらい低いことはありますが、
その時は、時間をずらして再計測してます。


使用している体温計は、ワンちゃん専用、先端が曲がるタイプ。
オイル&汚れ防止のラップ等は使わず、
最初と最後に、アルコールティッシュで拭くだけです。


座った状態だと、体温計の刺さり具合が分かりにくいので、
立った状態で測っています。
お腹を軽く押さえながら、ずぶっ!

120502-1.jpg


さらに、ずぶぶぶっ!
1回目の検温開始。
途中、上下に軽く動かしてます。

120502-2.jpg


計測終了後、電源を入れ直し、2回目開始。
1回で正確に測れないことも多いので、
ほぼ2回計測(日によって3回も)。


みらいは、まだそれ程奥まで入れてません。
こころがこれぐらいだと、体温が少し低くなります。
↓↓↓
120502-3.jpg


大腸がしっかりし、うんちがもう少し太くなるまで、
ずぶぶぶっ!はお預け♪



◆関連記事
日々のケア~健康管理~
web拍手 by FC2

しあわせの中身

ぶひ達との暮らしの中で、
うれしいこと♪、しあわせなこと♪って色々ありますよね。
もちろん、健康・元気なら、それが何より!
でも、わが家はちょっとした事でも、結構うれしくなったりします。


怪獣みたいなこころの写真撮れた時とか
120430-1.jpg


まずまずの2ぶひshotの時とか
120430-2.jpg


あと、
私が足やお腹を掻いたりしてると、
ぶひ達が同じよう掻いたり。
ぶひ達がちょっとお腹ゆるいと、
私もゆるくなったり。


ぶひ達が掻いたりするのは、決して良いことじゃないので、
ホントは、その理由を考えないとダメかもしれないけど、
同じことに対して、
つながりというか、うまく言えないけど何かそういうもの、
を感じるだけで、しあわせ~な気分になれます。


突然ですが、ぶひ達のスキスキ度。
♂はmama>papa
♀はmama<papa
わが家は、こんな方程式が成り立ってます(笑)
順位付けとは、ちょっと違うんです。


う~ん、何でだろう?と考えていたときに、
発見!!!
いおとmamaは、誕生日の曜日が毎年一緒だ~。
こころとpapaは、同じように一緒だ~。
うるう年が入っても変わらない。
こんな事でも、飼い主にとっては、なんかウレシイ♪


じゃあ、みらいも、もしかして…


残念、一緒じゃなかったです。

120430-3.jpg

web拍手 by FC2

« »

05 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

iococoromirai

Author:iococoromirai
★いお
パイド・男の子
2001.9.9~2011.11.22
愛媛出身

☆こころ
ブリンドル・女の子
2005.9.20~
埼玉出身

☆みらい
クリーム・女の子
2012.1.28~
埼玉出身

みらいの兄妹ぶひくん
リンク
フレンチブルドッグひろば 「フレンチブルドッグひろば」  「ふがふがれすきゅーくらぶ」

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。