~Saya suka ふれぶる~

いお こころ みらい と暮らす日常(過去・現在)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

出産の難しさ

こころは、一度だけ妊婦さんの経験あり。
でも残念ながら、子犬達を無事出産させることができなかった…


夫婦でパチリ!
120401-1.jpg


■経過
ヒート開始から12日目、14日目に人工授精をし、受胎成功。
影は1頭だが、最終的に2頭確認。
120401-2.jpg


お腹も順調に大きくなり、出産準備開始。
体温測定も1日に4~5回行い、37℃後半で安定。
120401-3.jpg


※日付は人工授精1回目(2回目)から計算
60(58)日目 夜ご飯1/3残す
61(59)日目 朝ご飯1/4、夜ご飯1/3残す
62(60)日目 朝ご飯1/4残す
63(61)日目 朝ご飯1/4残す
この日の体温は、少し変動。
16:30 37.3℃
19:00 37.5℃
22:00 37.9℃


そして、64(62)日目
08:30 37.4℃
09:30 37.2℃
10:30 37.6℃
11:30 37.4℃
12:30 37.4℃
13:30 37.4℃
14:30 36.8℃
15:30 36.7℃


いよいよ出産間近だと思い、病院へ。
最初に検査を行うため、部屋移動。この後、獣医師から驚きの発言。
「子犬達の心臓が止まっている」と。
それを聞いた時、意味が分からなかった。
何言ってるんだろう?体温も下がってきたから、
今日明日には出産だと思って来たのに。どうして?


悲しい気持ちを引きずってはいられませんでした。
なぜなら、このまま子犬達がお腹にいる状態では、
こころの体が危険だったからです。
その後、帝王切開手術を行い、こころの体は無事でした。
しかし、子犬達の蘇生は、残念ながら叶わず…


子犬達は着実に大きくなっていたことは、間違いありません。
170g前後までは成長していたからです。
ただ、こころの体の異常(体温上昇や廃液)が確認できなかったこと、
子犬達の舌に赤みがあったことから、
数時間前までは生きていた可能性が高いのですが、
獣医師もブリーダーさんも原因は特定できませんでした。


もう数時間、又は1日前に病院へ行ってたら、
違った結果になったかもしれません…
でも、~たら、~ればを考える時点で、
最善の方法をとっていなかったのだと反省しています。
子犬達は、何も悪くありません。
だから、何度も、何度も誤りました。
いお、こころ、子犬達。本当にごめんなさい。


そして、
こころ、無事でいてくれてありがとう。
120401-4.jpg
スポンサーサイト

web拍手 by FC2

« »

12 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

iococoromirai

Author:iococoromirai
★いお
パイド・男の子
2001.9.9~2011.11.22
愛媛出身

☆こころ
ブリンドル・女の子
2005.9.20~
埼玉出身

☆みらい
クリーム・女の子
2012.1.28~
埼玉出身

みらいの兄妹ぶひくん
リンク
フレンチブルドッグひろば 「フレンチブルドッグひろば」  「ふがふがれすきゅーくらぶ」

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。